契約時のお金の必要

購入物件が決まった段階で、100万円単位でお金が必要となりますので、それを考えて定期預金の解約や株を持っていればその売却などをして現金を準備していかなければなりません。 では、支払の時期と金額の目安を知っておけば少し安心できると思いますので、ここで少しご紹介しましょう。 まずは、購入する物件が決まってすぐに支払うお金ですが、申込証拠金として5~10万円、売買契約の時に手付金として価格の5~10%を支払います。 これは、契約の前にキャンセルをする場合、返却されるのが一般的となっています。 支払の時には「預かり証」をもらっておきましょう。 手付金は、売買代金の一部になり、申込時に売主と飼い主の間で話し合って決めます。 契約から引き渡しの間に買主の都合で購入をキャンセルした場合、手付金は返金されません。 売主の都合でキャンセルとなる場合は、手付金の2倍の金額が支払われます。 引き渡し「まで」に支払うお金は、ローンの契約時に払う契約印紙税が2万円程、残金の決済時は物件価格から手付金を引いた購入物件の残り代金、購入の諸費用として6~10%(新築マンションの場合は2.5~5%)となります。 これは不動産会社の口座に振り込むのが一般的ですが、住宅ローンを借りて支払う文は金融機関から直接振り込んでもらうことも可能です。 その場合は、金融機関にローンを申し込み前に必ず「残金決済の期日までに振り込んでもらえるか」を確認しておきましょう。 引き渡しの後は、引っ越し代や家具家電の購入費用で50万円程、半年~1年半後からは物件にもよりますが不動産取得税が発生してきます。 不動産取得税の納税通知書は各都道府県から送られてきます。 床面積が50~240平米等一定の条件を満たしている新築住宅は軽減措置が受けられます。 購入後にずっと支払っていかなければいけないものもあり、マンションの場合なら管理費等のメンテナンス費用、戸建てでもマンションでもローンを組んだ場合は住宅ローンの返済、家の所有者にかかってくる税金等があります。 大体このようになっていますので、家を購入する際は覚えておくとよいですね。

ページ上に戻る

一戸建てを選択する!