新築と中古を選ぶには

新築一戸建てにも「新築」と「中古」がありますが、新築にするメリットとは。

それは、購入時の税制優遇の大きさです。

新築の家を購入の時にかかってくる税金については様々な優遇制度があり、中古の家を購入するよりも手厚い優遇措置を設けられているのです。

一つは登録免許税です。

中古の場合だと「建物分の固定資産評価額×0.3%」で、新築の場合は「×0.15%」と軽減されています。

固定資産税も軽減され、新築だと「戸建は3年」「マンションは5年」建物分の固定資産税が半額となり、中古の場合は軽減措置はありません。

また、不動産取得税も軽減されます。

新築だと「建物分の固定資産評価額(課税標準額)から1200万円が控除」されます。

中古だと「築年数によって控除額が減額」というようになっています。

ここに挙げた中古の優遇は、全て築20年以内(マンション等の耐火建築物は25年以内)か、新耐震基準に適合することを証明できる建物に限られています。

ただ、この税制優遇の対象になっている新築の「固定資産税評価額」というのは「建物分」のものであり、土地の固定資産税については新築も中古も変わりなくかかってきます。

ですので、よく考えて新築か中古か選びましょう。

ページ上に戻る

一戸建てを選択する!