まとまったお金が

家の購入が決まると、まとまったお金が必要になります。 まずは、購入する物件が決まってすぐに支払うお金ですが、申込証拠金として5~10万円、売買契約の時に「手付金」として物件価格の5~10%を支払います。 手付金は契約から引き渡しの間に買主の都合で購入をキャンセルした場合、返金されません。 売主の都合でキャンセルとなる場合は、手付金の2倍の金額が支払われます。 また、引き渡しまでに、ローンの契約時に払う契約印紙税2万円程、購入の諸費用として物件価格の6~10%(新築マンションの場合は2.5~5%)を支払います。 引き渡しの後は、引っ越し代や家具家電の購入費用で50万円程、物件にもよりますが半年~1年半後から不動産取得税が発生してきます。 床面積が50~240平米等一定の条件を満たしている新築住宅は軽減措置が受けられます。 他にも、購入後にずっと支払っていかなければいけないものもあり、マンションの場合なら管理費等のメンテナンス費用、戸建てでもマンションでもローンを組んだ場合は住宅ローンの返済、家の所有者にかかってくる税金等があります。 家を購入する際の目安として、覚えておくと良いかもしれません。

ページ上に戻る

一戸建てを選択する!